医者

腎臓病は放置してはいけない【早期発見や治療が明日の人生に繋がる】

免疫細胞によるがん治療

病棟

免疫細胞は、体に入ってきた発がん性物質だけでなく、がん細胞そのものも排除します。そのため患者から採取した免疫細胞を増やしてから体に戻す免疫細胞治療は、がんに有効ということで注目されています。免疫細胞治療には、がん細胞を狙うNK細胞を増やす方法と、樹状細胞に患者のがん細胞を覚えさせる方法とがあります。

Read More...

新たな放射線治療

女性

サイバーナイフとは、新しい放射線治療の方法である。その特徴としては病理を「追尾」、金属で固定しないため「痛みを伴わない」、「分割治療」、「ロボットアーム」による治療範囲の拡大の4点が挙げられる。この治療法の確立により、放射線治療の弱点の改善が期待される。

Read More...

最先端の医療でがん治療

病棟

樹状細胞療法とは、樹状細胞の働きをいかした治療法です。樹状細胞の、身体に侵入した異物を監視し取り込みリンパ節に戻すという働きをを最大限にいかしているものであり、とても注目をあつめています。今後ますます樹状細胞療法は広まり、研究ももっと進むとみられています。

Read More...

生活習慣を見直しましょう

食生活の乱れを改善すれば腎臓病を治療することができます。肝臓に優しい食事メニューを紹介しているのがこちらです。

肺腺がんの治療を行うならコチラがオススメ。身体の負担を最小にした治療なので、体力を維持することが出来ます。

腎臓と生活習慣の関係

看護師

腎臓は私たちの身体の中で様々な役割を担っています。例えば、身体の水分調節や老廃物の排泄、血圧の調節や酸塩基平衡等が挙げられます。腎臓病になると、腎臓だけでなく身体のあらゆる箇所で様々な不調が現れてくることになります。それは、タンパク尿や血尿、浮腫等です。ただ、軽度ではこれらの症状が顕著でないため、慢性的に進行してから現れることが多いです。腎臓病を放っておくと老廃物を尿として排出できなくなり、血液中に溜まってしまう尿毒症になってしまいます。では腎臓病にならないためには何に気を付ければ良いのでしょうか。大切なことは食事です。食生活の乱れが最も腎臓に負担をかける原因となると考えられます。よく塩分を少なくすればよいと言われていますがそれだけでは食生活の改善にはつながりません。たんぱく質を制限することも必要です。決まった時間に食べることや、食事内容のバランス、食事のスピードも腎臓の負担を軽減させることができます。他には運動や睡眠をしっかりとることです。腎臓は先ほど述べたように身体の水分調節をしています。この水分調節は血圧にも関係しています。腎臓病にならないために生活習慣をぜひ見直してみましょう。

現在と今後の治療

腎臓病に限らずあらゆる病気に対して言えることですが、早期発見と早期治療が重要視されています。しかし、腎臓病の多くは治すことに重点が置かれておらず、透析や薬物療法によって進行を遅らせることが第一であると考えられています。腎臓病の患者数は年々増加傾向にあり、日本では30万人を超えています。今後の治療が変わらなければ、腎臓病に苦しむ患者数が増えていくだけになります。今後考えられるのは、病気の進行を抑制することだけでなく、悪くなった腎機能を改善するような薬が開発されることです。また、腎臓病の早期発見をより手助けするような検査方法や、病気の進行度合いが迅速に判断できる検査方法が開発されることも期待されます。